格言1

失敗する恐怖に襲われて手も足も出なくなるのは、いつの時代も、自分は最高にかっこいいと自惚れている人びとだ
駄目かもしれないという状況におかれるのが、彼らは我慢出来ないのである